【B】リサと淫魔のグリモワール

リサと淫魔のグリモワール

作品概要

タイトル:リサと淫魔のグリモワール
サークル:ゆめなまこん
販売価格:1728円
販売サイト:



ゲームシステム

エロティックRPGの巨頭。
戦闘エロに特化しており、その執念が嫌ってぐらいに伝わってきますね。

設定としては淫魔のグリモワールに犯された人々をなんやかんやで救って、お宝もかすめ取るという話。

最大の特徴がMPの意義ですね。
技を使うと消費するのは変わりませんが、敵のセクハラ攻撃の回避にも消費されます。

なので、技を使いすぎるとセクハラ攻撃を避けきれずにエロエロな目に合うわけです。

CG689.jpg

しかもセクハラは連続で受けると身動きが全く取れなくなります。これが結構難しい。

更にエロRPG特有のエロステータスが完備されており、侵食され過ぎるとすぐに堕落して全く戦闘ができなくなります。

エロくなる度に弱くなるRPGであり、ある意味で凌辱スキー殺しと言えます。

全体的に面白いのですが、HP0になってから降参までが長くて何度もされるとだれるのがネックか。
その辺、カットできたらなあと思いましたね。


エッチシーン

ムチムチのヒロインがあちこちで犯されるのは圧巻。

CG700.jpg

一部の敵に負けると監禁されてひたすら犯されるのもグッドです。これぞ求めていた展開。

ただ、堕ちた後は完全に淫乱なので、いまいち悲壮感はありません。
その辺は好みが分かれるところでしょう。僕としては心だけは堕ちないでほしかったですが。


まとめ

エロ特化でありながらもゲームもしっかりとした傑作。
ちょっと凌辱は薄いですが、エロさは濃いのでオススメです。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


ブログパーツ